スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ペルシャ猫

猫に有害な植物

シュワちゃんを亡くした後、鉢花を買ったり、お花を供えたりしているんですけど、検索で、今家にある花が、猫にとっては猛毒である事を知りました。

シュワちゃんがいた頃は、ガラスの花瓶を落としたら危ないと思って花は飾らないようになったんですが、観葉植物とか、ベランダの花とかは、置いてた時期もあったんです。今日調べてたら、アイビーやシダなど、シュワちゃんの身近においていた事のある植物が、猫にとって有毒な植物だと知り、愕然としてしまいました。自分の無知に呆れ果てています。そんな危険なものを大切な愛猫の側においてたなんて!・・・飼い主失格ですね。シュワちゃん、ほんとにごめんね。

病院では、腎不全が原因と言われ、連れて行った時点で、年齢的に点滴での現状維持しか出来ないと言われたんですけど、その時身の回りにあったもので、中毒を起こしたのかもしれないと、今になって気になっています。リンゴの種なんですけど、林檎は大好きでよく食べるので、皮をむいている時に、種を床に落とした可能性もあるって思ったんです。分からないですけど・・・。

闘病中に、何度か呼吸困難を起こし、一度痙攣の発作もありました。お医者様にその事もお話したんですけど、肺に水が溜まってるかもと言われたものの、連れて行った時には呼吸も正常になっていたので、はっきり原因を仰らなかったんですよね。とうとう立ち上がれなくなって、呼吸困難を起こすのが毎日になった時は、腎不全から脳の神経障害を起こしているから、呼吸困難も多分それが原因でしょうと言われました。

本当のところは分からないけど、でも、倒れる少し前から、シュワちゃんが急に遊ばなくなったんです。その時に病院に連れて行ってたら、白内障にもっと早く気づいてたら、シュワちゃんは今も元気でいてくれたかもしれないですよね。

何度も何度も考えて、結局この考えに戻る、堂々巡りです。
全部私のせいかもしれないのに
どんなに泣いても、どれだけ自分を責めても、シュワちゃんは
もうシュワちゃんは、いないんですよね。
もう、戻って来れないし
守ってあげられない。
もっと早く気づいていたら・・。

シュワちゃんと暮らすようになって
シュワちゃんは私が守ってあげるからねって、いつだって思ってたのに
結局は、病気に気づくのが遅れて、死なせてしまった。
シュワちゃんが、小さな身体で、病気と闘っているのに
ただ傍にいてあげる以外、何もしてあげられなかった。

それでもシュワちゃんは
わたしのこと大好きでいてくれるはず。
甘えん坊で、とても優しいいい猫(こ)だから。
もしも虹の橋があるのなら、
きっと私たちを待っててくれると思う。

2010-04-04-1946.jpg
写真はシュワちゃんが亡くなる6時間半位前、2010年4月4日(日)の夜7時46分に撮りました。

この日は病院お休みだったんですが、前の日から水も飲めない状態になってしまったので、前の日にお願いして、午前中に点滴をしてもらいました。その後また呼吸困難の発作を起こして、1時間以上苦しんで・・・。それがやっと治まると、立ち上がろうともがいて、少し元気になったように見えたんです。お水を少し飲んで、スープも少しなめてくれたので、きっと快方に向かってくれると信じて、嬉しくて、子猫みたいな表情のシュワちゃんの写真を撮りました。でもこのあと、5日の早朝に、また呼吸困難になって、本当に苦しそうで・・・・、段々息をする間隔が長くなって・・・、この写真を撮った6時間半位後でした。シュワちゃんの呼吸は止まってしまいました。


私が飼いたい猫は、シュワちゃんだけです。
もしも叶うものならば、もう一度シュワちゃんを子猫の時から育てたい。
いつもそんな事ばかり考えている状態なので、別の猫ちゃんを飼う予定はありません。
でも猫に有毒な植物は、ちゃんと知っておきたいと思ってます。
もっと色々調べて、写真を載せたり、一覧を作ったりしたいと思ってます。
少しずつになると思いますが、別ブログの方に書いていきますね。

ペットロス 闘病 猫に有害な植物 腎不全 白内障 シュワちゃんの思い出

にほんブログ村 ペルシャ猫

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。